白髪のイメージとその仕組み

美しい白髪のご老人を見ると、品があって素敵だなと思いませんか?年齢とともに髪はハリやコシがなくなって、艶もなくなってくるものなのですが、きれいな白髪はそんな髪の衰えを隠してくれます。

日本人の肌の色にも白髪というのは美しく映えるものです。

しかし、白髪がきれいに生え揃うというのは実はそんなに簡単なことではなかったりします。

そして白髪に対するイメージと言えば、高齢であるというイメージ。

現代の人は比較的若く見えることからも60代くらいであっても白髪では年老いたイメージになってしまうことから、ある程度の年齢になるまでは白髪を染めるという人が多い様です。

白髪の原因と対策 | スカルプDの白髪情報サイトを見るとよく分かるのですが、白髪はどうして生えてくるのかといえば、髪というのは元々全て白髪で色素がありません。

しかし、毛球で毛母細胞が分裂する際に髪のメラノサイトによってメラニン色素が生成され、髪に色を付けているのです。

白髪はこのメラノサイトの働きが何かの原因で抑制されたり、機能しなくなることで、髪の色のもとであるメラニン色素を作り出せなくなっている状態になります。

髪の脱毛時にメラノサイトは髪と一緒に消失するのですが、次の新しい髪が生える時には新しいメラノサイトができるので、髪は黒くなりますが、メラノサイトが再配置されないと、生えてくる髪は白髪となります。

よって白髪の原因となるメラノサイトが活性化するかしないかということが、年齢問わず白髪を生えさせるかどうかという決め手になることがわかります。